関西プロポーション小顔センター
アゴ・エラ歪み・顎関節矯正・顔のゆがみ矯正
    大阪府大阪市北区芝田1-10-10
芝田グランドビル11F
    大阪梅田院06-6371-6616
    営業時間: 11:00〜22:00 不定休

不定休・日曜も営業

ご予約・お問い合わせ
06-6371-6616

ご予約・お問い合わせ
080-1493-3896

 


kpumeda@gmail.com

 


院長特別施術は、こちら>>

 

 

 


fm GIG (京都)
☆ビリーとワカメのわくわくで「スイッチOFF」に出演

 




【Googleマップ】はこちらへ


トップページ
インフォメーション
体験施術
プロポーション矯正・ろっ骨矯正・骨盤矯正
顔ゆがみ専門矯正
コラム
ビフォー&アフターお客様の声
口コミ

 



   



  ビフォー&アフター
 総集編A 10名収録 (2分30秒)


大阪梅田院の小顔・顔の歪み矯正


   

大阪市・梅田 エラ・アゴ歪み・フェイスライン・たるみ・むくみ・顎関節矯正

 

顎関節矯正(アゴ矯正)は、
●不調改善目的(痛み・開口しにくい・カクカク音)の顎関節施術と
●美容的目的(整顔・輪郭を整える・見た目改善)に分かれます。

カウンセリングで施術目的をお聞きしてアドバイスを致しますので 3種類の施術メニュー(6,480円、8,400円、16,800円)
からお選びください。


顔の歪み矯正・アゴの歪み矯正

   

  



 


     

                 

 

 

                             
顎関節・あご・エラ・フェイスラインについて


下顎は顎関節に筋肉でぶら下がったブランコのような状態です。

まずは、
顎関節の左右の位置関係を矯正することが最優先矯正なのです。

その為には下記に記載しているパターンを克服する必要があります。


子供〜高齢者まで対応できる無痛の顎関節施術をお試しください!!

                                                  



●左右のエラが均等に大きく張るタイプ

 
下顎の骨格(エラ部分)が遺伝的に大きい。
噛み締める癖などによりエラ周囲の筋肉(咬筋など)が発達し過ぎている。
下顎の歪みの影響で筋肉が力こぶ状態に緊張している状態。






●左右のエラが非対称に張るタイプ

大きい方のエラ周囲の筋肉(咬筋など)が片側の噛み癖でより発達し過ぎている。
噛み締める癖などによりエラ周囲の筋肉(咬筋など)が発達し過ぎている。
下顎の歪みが原因で骨格自体の輪郭が非対称に出っ張る。
下顎の歪みの影響で筋肉が力こぶ状態に偏って緊張している状態。

アゴ先が中心軸よりズレる場合が多々有る。






●片側のエラが大きく張るタイプ


大きい方のエラ周囲の筋肉(咬筋など)が片側の噛み癖でより発達し過ぎている。
下顎の歪みが原因で骨格自体の輪郭が非対称に出っ張る。
下顎の歪みの影響で筋肉が力こぶ状態に偏って緊張している状態。
アゴ先が中心軸よりズレる場合が多々有る。





●片側の頬とエラが同側で大きく張るタイプ



大きい方のエラ周囲の筋肉(咬筋など)が片側の噛み癖でより発達し過ぎている。
噛み締める癖などによりエラ周囲の筋肉(咬筋など)が発達し過ぎている。
下顎の歪みが原因で骨格自体の輪郭が非対称に出っ張る。
下顎の歪みの影響で筋肉が力こぶ状態に偏って緊張している状態。
アゴ先が中心軸よりズレる場合が多々有る。






※改善率は、個人差があります。  変形(骨自体の形が変わっている状態)は改善しません。





大阪梅田院の顎関節症向けの顎関節矯正・顔のゆがみ 矯正例

 (アゴの歪み矯正・エラの歪み矯正・フェイスライン矯正)

                      



※個人差があります。

※個人差があります。



       
   鼻骨矯正、上顎矯正、下顎矯正、目・口・エラ・あごの歪み 矯正例

               ビフォー                                         アフター  

 
  
    





  【口・顔のゆがみ矯正・あごの歪み矯正】 ビフォー           アフター (初回、直後)



施術前、口角のズレの下に白いテープを目印に貼っています。   



                          


      

●●大阪梅田院の顔のゆがみ(下顎)の原因 ・ 顔のゆがみ 矯正方針●●


顎関節の不調・顎関節矯正・エラの歪み矯正・あごの歪み矯正・
フェイスラインたるみ・むくみ



●顔の歪み(下顎)の原因には、大きく分けて5パターン有ります。


@直接圧迫、衝撃、捻れ、圧力を受け顔が歪む(捻れる)
パターン


出産時の過度の圧力などやその後の寝かされ方なども考えられます。

また、小さい頃からの顔・頭の直接打撲、毎日横寝の為の顔への反復した圧迫、頬杖、あご杖、片方での噛む癖、他 があります。



A身体が歪みバランスを取るために顔が歪む、捻れるパターン

生活習慣による姿勢の崩れがあります。
片方のみの偏った横寝による片半身への反復した圧力。
足組、横座り、あぐら、正座、三角すわり、ソファー座り、片肩のカバンかけ、偏ったスポーツ、利き手・利き足の過度の使用癖、など言いだしたら切がない偏った生活習慣により姿勢が偏り、上部の顔もバランスを取るために歪み全身に波及します。



B片側の噛み癖により、骨格自体・筋肉自体が部厚く発達して大きく・部厚く見えてしまうパターン

利きの腕が太く大きく発達するのと同じです。
利きアゴの方が大きく発達する可能性があります。


C片側の噛み癖により筋力差が生じ不均等な筋力で下顎が一方向に偏って捻れてしまうパターン


利きアゴが偏って強くなると下顎自体強い側に引き寄せられて歪む場合がある。
片側に引き寄せられてズレたからといって反対側でかみ続けても反対には完全に戻りません!!
さらに筋力差が乱れアゴ周辺に別の歪みを発生させる危険が有ります!!
当院でご相談ください。


D特に成長期前より顎関節の歪みが大きい場合、骨自体を変形させ、長短細太と左右非対称に成長してしまうパターン

体表から判断しても左右長さなど非対称の方は、多く感じます。
正確には、歯科・口腔外科などでX線撮影・CT・MRIなどで確認すべきです。
変形は改善しません。
代表的なもので極端な絶壁など扁平になってしまっている状態や顎関節の位置が正常なのにアゴ先・エラが非対称に見える場合は変形が疑われます。





 【大阪梅田院の顔のゆがみ 矯正・口・あごの歪み矯正・エラの歪み矯正】



               ビフォー                      アフター (1回、直後)  

  
  

             
 
  
      

            

     
           


            
             

※当院における顔のゆがみ矯正とは顔面・頭部のツボ、皮膚をソフトタッチの手技により刺激することで、頭部・顔面部の筋肉が緩むことにより左右の形を整える効果など狙う施術の事を言います。

▲ページトップへ

顔のゆがみ矯正・エラの歪み・アゴ歪み・フェイスライン・たるみ・むくみ・顎関節矯正

関西プロポーション小顔センター 大阪梅田院

〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-10-10 芝田グランドビル11F   06-6371-6616


このホームページに掲載されている動画(you tubeでの再生動画)・画像等すべて当院の著作物です。一切の転用を認めません。

トップ梅田院インフォーメーション体験案内小顔矯正ろっ骨矯正・骨盤矯正顔のゆがみ矯正ブライダルエステ別ホームページ